終わる平成の時代、そして始まる新しい時代

今年で平成が終わる。
昭和生まれの私からすれば、もう平成になって30年か!
早いなぁ!といった感じだ。
職場や最近知り合ったママ友などが、平成生まれだと聞くと
いまだに驚きを隠せない。
と同じに、
「そうか、もう30歳でも平成生まれか。
社会には平成生まれがきちんと働いている年代なんだなぁ。」
と思ったりもする。
新しい時代が生まれるにあたり、この先のことをフと考えたりもした。
20歳〜50歳までが平成生まれ。
労働者の中心人物が平成で占められるときが来るんだなぁと。
「失われた時代」なんて言われている時代でもある。
株価を見ても、平成元年では世界で上位を占めていた日本も、
平成30年では上位にはほとんど残っていない状況だという。
それでも、各個人をみたときに、私は平成生まれの、
特に平成元年から平成3年生まれくらいの女性は
一目おいてみている。立派に、それこそ50代60代のおじさんより
ホント立派な姿勢で仕事しているからだ。
「失われた時代」という平成だけを見るのではなく、
「それによって得たもの」に焦点をあてた専門家の
論評なんかも聞いてみたい。ミュゼ 顔 ヒゲ 脱毛