フラウンホーファー線などについて勉強した

日光などについて実習しました。日光が発光する電磁波は、各種波長のタイプからなりたってある。電磁波を波長の差によって分けたものをスペクトルといいます。日光のスペクトルを調べると、保存スペクトルの中に多くの暗線が見られます。これをフラウンホーファー線といいます。これらの暗線は、光線が日光空気を通過するときに見込めるもので、暗線の波長や強弱を調べると、日光空気の元素組成がわかります。元素組成は、原子の秘める化学的相性によって物を類別した狙いだ。日光全体の元素組成は、日光空気の元素組成に滅多に等しいと考えられています。日光の元素組成の数は、一般の恒星や星拍子気体についてもほとんど変わりはなく、宇宙元素組成とよばれてある。日光をはじめとする一般の恒星は、大箇所が水素(92%)でできていることがわかります。次いで多いのはヘリウム(約8%)で、その他の元素は洗い浚い合わせても約0.1%にすぎません。全く勉強になりました。http://www.dotpw.co/

新聞記事を読んで、巨人新GMに鹿取氏、石井新社長と記者会見、選手出身球団初。

読売巨人軍は堤辰佳ゼネラルマネージャー(GM)兼編成本部長が退任し、後任に鹿取義隆GM特別補佐スカウト担当を充てる人事を発表した。石井一夫球団新社長が記者会見で明らかにした、と報じた。堤辰佳GMの突然の退任である。本人自らが13連敗の球団ワースト記録の責任を負って辞表を提出し、受理されたと語ったが、事実上の更迭であり、早い話が首である。スポーツの世界ではシーズン途中の交代劇や成績不振から休養をするケースも珍しくは無いが、後味は悪い。ゼネラルマネージャーと言えば、一般企業でいえば役員では無いが、一つの部署を預り管理監督をする、部長職に該当するものと思う。会社勤めをしていて、新たな期を迎え、頑張るぞと一致団結をしてスタートしてから、4半期が終わったところで、突然の部長交代劇、部下たちも自分たちがもう少し頑張っていたら、と反省はするが簡単には良くならない。まして、堤さんの後に座ったのが、GMの補佐とスカウト担当をしていた、鹿取さんである。普通で考えれば堤さんの下で働いて来た人間であるから、責めを負うのであれば同罪であってもおかしくない。この辺の人事異動のやり方が自分には理解が出来ない。若手を育て上げられなかったからこのざまになっている、と元上司を平気で批判している。同じような頭と挿げ替えてもこれから先の変化には期待は出来ない。ソフトバンクの初戦はエース菅野の力投で勝利をしたが、どん底から這い上がるのはいつの事やら見当が付かない。GMを変えるのではなく、監督コーチ陣を総入れ替えするべきである。女性育毛剤人気ランキング